制作までの流れ

ホームページを制作する際に、以下の手順で情報収集から企画立案および制作を行います。ケースバイケースで異なりますが、基本指針としてお考えください。

 

Phase01:お問合わせ・お申込み

まずは、ホームページ制作に関するお問合わせをいただきます。

ホームページ制作に関するお問合わせ・お申込みは、下記の方法でお伺いしております。

Phase02:ヒアリング

ヒアリングでは、お客様のホームページ制作に関するご要望をお伺いいたします。参考にしたいホームページや、既にお客様が考えているホームページのアイディアをお伝えください。その他にも、競合他社・目標納期・ご予算・注意事項などもお伝えください。

また、お客様がホームページを制作する目的や最終目的など、ホームページに何を求めているかを抽出します。

この時、企業や商品のカタログおよび会社概要を記した書面を、事前にご準備いただければ幸いです。

Phase03:企画立案・仮画像(ラフ)案の確認

まずは、ヒアリングした情報をもとに、情報を整理します。既に予算や目標納期が限定されている場合、ご希望に最大限お答えできる範囲で検討いたします。その中から必要なページ構成やシステム(プログラム)構成を把握し、工程数を確認します。

同時進行で、実際のホームページ完成予想図として、仮画像(ラフ)案を制作します。このラフ案は、実際のホームページの基本デザインになりますので、その出来上がりを予め把握することができますのでご安心ください。

このとき、実際にホームページを利用される方にとっての重要な点を取りまとめ、斬新なアイディアを弊社内で検討し、利用されるユーザーを飽きさせない仕組みを検討します。(※予算に応じてはお答えできない場合があります。)

仕様書のサンプルをダウンロード仕様書のサンプルをダウンロードする

ラフ案のサンプルをダウンロードラフ案のサンプルをダウンロードする

Phase04:概算見積の確認

概算見積は、お客様からヒアリングした情報をもとに、大まかな仕様(ページ構成やシステム構成)から、制作に必要な概算見積金額を算出いたします。

Phase05:ご契約

概算見積をご確認いただいた後に、承認いただけましたらご契約(発注)となります。

ご契約は、企画内容・ラフ案や、ホームページ制作に関する取り決め事項(ページ構成やシステム構成)、概算見積、目標納期を認証し、同意していただいた時点で、その内容をもとに、ご発注を確定するものです。

ご契約締結後の注意事項は、以下の通りとなっております。

  • 発注の取り消しは原則お受けできません。
  • お客様の諸事情により、発注の取り消しをされる場合、契約事項に基づき対処させていただきます。

Phase06:環境設計

環境設計とは、ホームページを公開する際に必要となる環境の整備を行います。

まずはじめに、設置環境を整備します。設置するサーバーを、お客様のご希望に合わせて準備させていただいております。弊社ホスティングサービスをご案内させていただいております。

次に、ご希望に応じてドメインの取得を行います。

最後に、各種サーバーの設定を行います。弊社ホスティングサービスをご希望のお客様は、コントロールパネルから設定が可能です。ご希望に応じて、アカウント作成やメールアドレスの設定などを行わせていただきます。

Phase07:情報設計

情報設計では、お客様からご提供いただいた情報や、弊社で企画立案した内容をもとに、実際のページ内に埋め込むための書式を構成いたします。

実際にご利用いただくユーザー様にとって、わかりにくいホームページではいけません。そのため、内容をできる限り簡潔にまとめ、必要に応じて画像や別途資料を駆使して、見易さ・使いやすさを抽出いたします。

システム(プログラム)要素を含むご依頼については、お客様の状況・環境や利用者のスキルに合わせて制作する必要があります。このときに、システムを運用する上での使いやすさを抽出します。

この時点までに、お客様の情報を提供していただく必要がございます。万一、情報の提供が遅れた場合は、双方協議の上、合意のもと目標納期を変更させていただく場合がございますのでご注意ください。

Phase08:ホームページ本制作

いよいよ、ホームページの制作となります。

Phase09:社内検証(デバッグ)作業

納品前に、弊社内で誤字・脱字・システムエラーなどはもちろんのこととして、検証作業をおこないます。

このとき、利用者・運用者の視点に立ち、実際の使い心地を把握して、使いやすさを向上させることを考慮した修正・変更もおこないます。

Phase10:お客様検証(デバッグ)作業

タイトルの通り、お客様からご契約内容および仕様書にもとづき、動作不良がないか、使い心地はどうかなど指摘箇所をあげていただきます。

この時、仕様書にない機能をご指摘いただいた場合は、双方協議の上、別途制作になる場合がございます。その際には、工期や見積を設定させていただきます場合がございますので、ご了承ください。

Phase11:納品・プレオープン

いよいよプレオープンです。ご利用いただきありがとうございました。

プレオープンでは、基本的な部分を公開し、システム(プログラム)部分の最終的な動作確認などを開始します。このとき、アクセスが集中した時の状況確認や、イレギュラー(想定外)のトラブルが発生しないかなどを検証します。

Phase12:オープン・アフターフォロー

これで全ての制作は完了しました。

制作完了後、保守契約についてご検討いただきます。保守契約は、主に以下の内容についての方針を決定するものです。対応できる範囲についてをまとめたものです。保守契約を必要としない場合には、事前に協議の上、決定することもありますので、ご相談ください。

  • ワランティ(補償)期間について
  • ワランティ(補償)内容について
  • 月極メンテナンス事項について
  • システムのアップデートについて
  • 有償対応について
  • Valid XHTML 1.0 Transitional
  • Valid CSS!